難しい計算をしない青のSTP装備

頭良くないとFF11って強くなれませんね。赤魔道士ですがINTはとっても低いあかたるです。
STP計算機もDPSシートも上手く使いこなせない自分にとって、実際に目で見て計算する方が合ってることはよくわかりました。狩人の得TPを一覧化するぐらいアホnあかたるでも分かる振り数計算、以下に続きます。

両手武器や遠隔は得TPが多いんで計算しなくても振っていればよくわかります。
が、片手はマルチが(特にWSのマルチ!!)ネックで、なんかTP998とかで止まることが多いよ~とかなんか振り数多いような気がする(・-・)みたいな超適当に調整していました。
2014年6月17日のVUでストアTPの計算方法が変更、情報が旧仕様と新仕様と混ざって、きほん隔?すとあてーぷぃー?よん???状態でした。このタルタルは中身がミスラかもしれません。
赤魔道士はいいんですよ。STP装備も少ないし、ストライIIと装備マルチでマルチお化けになってるので、多少振り数増えても(頭悪いので)気付かないんですよ。
ただ、イカちゃんは特性でSTPが20~積める(ずるい)、アデマ、サムヌー、ヘルクリでSTP意識出来る(ずるい)ため、両手前衛並のSTPを盛りながら高いマルチを維持できるハイパーお化け超ずるい)なので話は別です。
いい加減な装備をしてるせいでこの度作ったアルマス、セクエンスが宝の持ち腐れになるのでちゃんと調べてみました。
今回の装備を確認するに当たって、10年ぶりのFF11様を参考にさせていただきました(すみません、リンク貼らせて頂くことをコメントしようと思ったのですが何故かコメントが出来ませんでした)。
実に分かりやすくまとまっていて、以下の計算のやり方も踏襲させていただいています(>人<;)ありがとうございます~
実際アホなあかたるでもようやく半分ぐらい理解できました。
ただ、未だに二刀流と基本隔とSTPとヘイストの関係がいまいちわからないので、

計算出来ないなら実際に片手の得TPを調べればいいじゃない。
これがあかたる流です。すごいバカっp
サルタバルタでレベル0のマンドラやらハチやらをプチプチ片手で潰しながら地道に計算……(^ν^)
※理解したつもりではいますが素人が計算してるので何かおかしいところがあるかもしれません。何かあったら突っ込んでください。というか教えてください><

======ここから本題======

◆アルマス+コラーダ編
・WS装備(STP+41)
STPの内訳は装備16+特性25=合計41
で、試しに片手一振りの得TPを確認。

83
なので、WS時は二刀流で83+83=166。
単発物理WSならこのまま166が得られるはずです。(確認フラットブレード)(属性WSは片手の83しか得られません)
多段WSの場合は○回攻撃の1回目が166、2回目以降は基本10+(10×STP%)になるので、今回の装備だと14.1、小数点以下切り捨てになるので一撃当たり得TP+14。
シャンデュシニュは3回攻撃なので
83(右手)+83(左手)+14+14=WS得TP194
マルチが乗れば最大+14×3~7になるわけですが、マルチは出ない想定の+14×2で計算しています。
これを踏まえて、TP1000-194=806を通常攻撃を何回振ればいいのかを考えます。

・通常攻撃用
806÷8振=100.75(101
806÷9振=89.55…(90
806÷10振=80.6(81
小数点以下繰り上げで一振り括弧内の得TPがあればOKですね。
ということで9振を目指して調整。

90。完成。

STPの内訳は装備39+特性25=合計64
ただしカットボロボロのがっちがちに攻撃装備なので、カットが必要な場合はコラーダや防具でSTPを盛るor諦めて10振にするでしょう。

んでっ、アルマス+セクエンスのDPSが高いっていうのがいまいちピンとこなかったので、同じWS装備条件で想定してこっちも用意してみました。
◆アルマス+セクエンス編
・WS装備(STP51)
STPの内訳は装備26+特性25=合計51
上記の計算を踏まえて今一度。
隔はコラーダと変わらないので基本得TPは変わらず、STPだけ伸びています。あかたるのコラーダはSTPがついていないので単純に+10

89
STP51になったので繰り上がって、WS2回目以降も得TPが15に上昇しています。シャンデに当てはめて、
89+89+15+15=WS得TP208
TP1000-208=792を通常攻撃を何回振ればいいのかを考えます。

・通常攻撃用
792÷8振=99(99
792÷9振=88(88
792÷10振=79.2(80

89。9振の想定では1余剰ですね。

STPの内訳は装備37+特性25=合計62
WS装備と同じ得TP89なのに必要STPが違うのは、二刀流係数が違うため隔が違うから、らしいです。で、ですよね??
首、指を自由にしても9振りが実現出来るので、組み合わせ考えればDPSが高くなるのやも。
命中はメインサブ格差はあれど完全にコラーダのほうが伸びます。DEX15と攻撃+付けられるため、シャンデ威力もきっとコラーダの方が高いです。理想はここにSTP+5が付くことでしょうか。
んが、なるほど確かにセクエンスは得TP増加によりWSの回転率が向上します。少なくとも今のマルチを維持したままカットに寄せるとなると、自分の所持装備では優秀ですね。カットに回せると範囲が痛い高CLには良いかなぁと思います。

======ここから余談======

□もっとSTPに寄せれば8振も可能ですがどうやらSTPばかり振ってもマルチが落ちて良くないらしく、アルマスにとっては9振か10振が理想??らしいですなるほどよくわからん。

□AM3の倍撃による通常攻撃の削りも期待しているので、可能な限り攻撃力は意識しています(アデマ手→ヘルクリア手、素波による攻撃力+等)

□8振は4ターン、9振は4.5ターン(5ターン)、10振は5ターン。
マルチの手数はDAが+1、TAが+2、QAが+3。
DAかQAが1振でも出れば9振はターン数が減少するので、マルチの詰み方で色々な選択肢はありますが、アホなタルタルは単純に理想9振にしていこうと思います。

□バスケ背は9ターン用(STP+10)、10ターン用(DA+10)を場面に応じて使い分けられるといいかもしれない?セクエンスならDA+10での9振も考えられますね。

□マルチの判定はQA>TA>DA>複数回攻撃。TAがあまりにも高いとDAや複数回攻撃は数値程期待攻撃回数は増えない。(青魔道士というより主に赤魔道士の現状)

□ティソーナというかミシックはAM3の複数回攻撃でマルチを稼ぐので、装備はマルチ<ストアTP(振り数)の評価になり、また違うそうですね。セクエンスはティソーナと合わせた方が有効に使えるのかな??なにぶん、所持ミシックのミュルグレスはストライIIとの相性最悪なのでミシックについてはよくわかっていません。

□今のIL119に置いて、必要ステータスのブーストは(以前の記事にもちらほら書いていましたがINTやMNDの想定も含め)合計350を目標にしています。アルマスであるからこそですが、サブセクエンスでも達成しているため、色々弄る余地はあるかなぁと考えています。(ちなみにINTに関しては黒魔道士は支援なしで合計400に行きました……せ、世界が違う……)

今回はあかたるの所持装備一例なので、STPをWS、通常装備、特性、どこで稼ぐかは人によりけりかと思います。
そういう意味でも、FF11の装備選びは面白いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

あかたる

Author:あかたる
ヴァナDEまったりライフ。
Profile
赤魔道士大好き!なタルタルの日記
趣味は新しいことの挑戦と装備考察

最新記事
カテゴリ
BF (6)
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク(五十音順)
QRコード
QR